転移乳がんを知る

転移乳がんをご存知ですか?
11人に1人の女性が生涯の間に乳がんと診断を受けています。中には、乳がんが転移をしている方もいらっしゃいます。ここでは「転移乳がん」の症状や治療法についてご説明します。

転移乳がんとは

動画サムネイル

乳がんの多くは、乳管の細胞ががん化して発生します。

乳がんの図

乳がんは、主に、乳管や小葉の中にとどまっている「非浸潤がん」と乳管や小葉の外にまで広がっている「浸潤がん」に分けられます。浸潤がんでは、がん細胞が血管やリンパ管を通って骨や肺、肝臓などの他の部位に転移(遠隔転移)する可能性があることがわかっています。

「転移」とは、最初にがんができた臓器から、がん細胞が、血液やリンパ液を介して他の臓器に運ばれ、そこで新しいがん細胞のかたまりを形成することをいいます。最初から転移を伴う状態で見つかる場合も、初発の乳がんの治療をくぐり抜けて転移が出てくる場合もあります。血液やリンパ液に流れ出たがん細胞は全身の臓器に転移し得ますが、乳がんの場合、リンパ節、皮膚、骨、肺、肝臓、脳への転移が比較的多くみられます。

転移の図転移の図

症状について

小さい乳がんが最初から転移をしている可能性は低いですが、転移をしていても、まったく症状がない場合もあります。痛みや咳など、何らかの自覚症状があった場合も、症状だけでがんの転移であるとは診断できません。ただ、転移の症状は、がんがそこにかたまりを作るために起きてくる症状ですから、様子をみても症状がなかなか収まらなかったり、症状が徐々に悪化していく場合には、転移を疑って検査をする必要があります。

治療と生活について

乳房を離れた遠隔臓器に転移がある場合、検査などではっきりわかる転移の病巣以外にも、ミクロのレベルでは乳がん細胞が全身に散らばっていると考えられるため、抗がん薬による全身治療を行うことが原則となります。放射線療法、手術などの局所的な治療も、症状を和らげるために行うことがあります。日常生活を送るため、つらい症状を和らげるための緩和ケア・支持療法も重要です。遠隔転移をきたすと、なかなかがんを完全に治すことは難しいですが、治療法も進歩しており、がんの進行を抑えたり症状を和らげたりしてQOL(生活の質)を保ちながら、がんと付き合って暮らしていくことができるようになってきました。医師は、がんの病状やがんの性質、臓器の機能などを勘案しながら、治療の選択肢を提案します。

その際に、自分の体調や心配ごと、自分自身が大切にしたいことなどをきちんと医師や医療スタッフに伝え、医師と話し合いながら、一緒に治療を選んでいくことが大切です。
詳しい治療方法はこちらから

転移・再発乳がんの治療
MY CHOICE PROGRAM

ページトップへ